つなぎ資金に活用できるアコムのビジネスローン

事業を始める時にはもちろん資金が必要になります。

 

現在は自分でビジネスをしている方もたくさんいらっしゃいますが、事業をするために貯金をしてからそのお金を使って仕事をし始める方は少ないのではないでしょうか。

 

多くの場合は、金融機関でお金を借りて、自分の事業をスタートさせます。

 

私の両親も自営業で、母親は自宅を改装してカフェを営んでいます。

 

店舗の広さはカウンター席とテーブル席が3つくらいの小さな空間ですが、水回りの工事や内装、カフェで使う食器や小物類の費用を合算すると400万の予算が必要になりました。

 

それに加えてしばらくは運転資金が必要になるため、プラス100万円くらいは手元に持っておくことにしました。

 

母は500万円の大金を持ちわせていなかったので地元の地方銀行で融資をしてもらうことにしました。

 

不動産を担保にして、父親が保証人になることで審査に通ることができ、母は無事カフェを開業することができました。

 

このように地方銀行や都市銀行のメガバンクでは多額の融資を受ける時に担保が必要になったり、保証人を立てることを要求されることが多いです。

保証人がいなくても借りれる??

保証人がいなくて、業歴がない時や浅い場合は保証協会へ加入して銀行から融資を受けることもできますが、保証協会へ保証料を支払わなければならないので負担が増えてしまいます。

 

もし、このような契約をするのが負担に感じてしまうとビジネスを諦めなけらばならないと考えるかもしれませんが、実はもう一つ方法があります。

 

それは消費者金融であるノンバンクで借り入れをするやり方です。

 

例えばアコムやアイフルなどはお金を貸してくれますが、銀行ではありません。

 

このような会社はノンバンクとして位置付けられており、個人事業主に向けてた融資を主に行っています。

 

銀行と違って、ノンバンクのメリットとしてはお金が借り易いことです。

 

簡単に言うと担保や保証人も必要なくお金を借りることが可能なのです。

 

ただ、デメリットとしては金利が比較的高いことです。

 

借り易く、保証人や担保も必要ないので仕方ないかもしれませんが、どうしても自分で事業を起こしたい方でお金を借りる手間を少しでも省きたいと感じている方にとっては便利な機関なのです。

アコムのビジネスローンについて

アコムにはビジネスサポートカードローンという商品があります。

 

この商品を利用できるのは個人事業主のみの方で法人の方は利用することはできません。

 

限度額は300万までとなっています。

 

また、審査を行うことで3分の1を超えるお金を借り入れすることもできます。

 

利子は1万円から100万円までは年率12.0%から18.0%で、100万円から300万円までの場合は12.0%から15.0%です。

 

返済方式は定率リボルビング方式です。

 

返済期間は最終の借り入れ日から最長で6年9ヶ月となっています。

 

返済回数では1回から80回までとなります。

 

アコムのビジネスサポートカードローンは、申し込み資格があり業歴が1年以上の個人事業主であることが必要です。

 

必要な書類は本人確認書類と直近1期分の確定申告書B(第1表)の写しです。

 

その際、収受日付が押印されているかどうか確認して下さい。

 

さらに、100万円こ超える融資を希望する方は青色申告では直近1期分の青色申告決算書の写し、白色申告の方は直近1期分の収支内訳書の提出が求められます。

 

担保や保証人は必要ないので安心して下さい。

申し込み方法が少し特徴があります

まず、すでにアコムのカードローンを利用している方、もしくはアコムのカードローンは初めて利用するけれども年収の3分の1を超える融資を希望している場合や他社からも年収の3分の1を超える金額を借り入れしている場合、または超えている可能性がある方は、ホームページに記載されているフリーダイヤルに電話をします。

 

するとオペレーターがその場ですぐに審査を開始してくれて、融資が受けれるかどうか教えてくれます。

 

融資が可能であれば店頭に来店するか、アコムの自動契約機でカードを発行してもらえます。

 

来店することが不可能の場合や自動契約機が近くにない時は郵送でも対応してくれます。

 

申し込みの書類と本人確認書類を送付することで自宅へカードが後日郵送されます。

 

郵送される際、宛名はACサービスセンターの名前になっていますので家族に内緒でお金を借りたい時でも大丈夫です。