決算が赤字でも対応してくれる?

スポンサーリンク

借りない資金調達

事業を行っていると、黒字の時もあれば赤字の時もあるのは当然です。赤字の時はどうしても金融機関で資金を調達してお金を循環させることが必要です。
しかし、メガバンクでは赤字決算の場合、融資を断られることもあるため資金繰りに困る事業者も少なくありません。
そこで、規模が大きい地方銀行ではそのような赤字決算の企業にも積極的に対応していることもあり個人事業主や中小企業の方にはおすすめの機関です。
返済期間をきちんと定めて計画性と将来性がある企業ならローンの審査も通過することができるので一度利用してみるとよいでしょう。

 

以上のことを踏まえて、今回は東海地方にある十六銀行について説明したいと思います。

十六銀行とは?

十六銀行いう銀行をご存知でしょうか。東海地方に住んでいる方には馴染みがある銀行かもしれませんね。
東海地方では規模が大きい地方銀行で岐阜県岐阜市神田町8丁目26番地に本店が所在しています。
創業は明治10年と歴史が古く現在では岐阜県を始めとし三重県、愛知県に暮らす人々や企業のために貢献している銀行です。
現在は国の政策の一部として「地方創生」があります。地方から経済を活発させようとする取り組みが行われていることからこの十六銀行でも地域の経済発展に少しでも役立てるように様々なサービスや金融商品を扱っています。

 

では十六銀行が提供しているビジネスローンを紹介します。

 

 

じゅうろくビジネスエフォートローン

 

まず1つ目はじゅうろくビジネスエフォートローンです。
この商品は法人の方が対象で、売上高が5億円を超えており、債務超過がない、そして「営業損益」、「経常損益」、「当期損益」のどれかが赤字の場合です。

 

融資金額は1000万円以上1億円以内の証書貸付タイプとなります。
融資期間は3年から7年以内です。

 

返済方法は毎月元金均等返済です。

 

この商品には利率に特徴があり、会社の決算によって利率が変化していきます。
例えば、契約時は年3.6%の変動金利で契約します。
もし、営業損益、経常損益、当期損益のどれかが赤字ならば契約時の利率ですが、全てが黒字の結果であれば契約時の利率から1%引き下げてもらえます。

 

担保や保証人については個別対応となります。
現在は赤字でも今後の業績が黒字見通しの企業にはおすすめのローンです。

 

 

エブリサポート21

 

2つ目は現在社会問題にもなっている環境問題や介護、子育て支援のために設備を導入する法人または個人事業主の方のための商品です。

 

使用用途は「地球温暖化防止プラン」、「クリーンプラン」、「ISOプラン」、「介護ビジネスプラン」、「子育て支援企業プラン」、「健康経営プラン」に限定されます。

 

融資金額は運転資金ならば3000万円以内、設備投資なら1億円以内となります。プランによって手形貸付、証書貸付、当座貸越のいづれかに決められます。

 

融資機関は運転資金なら5年以内、設備投資なら10年以内で金利は銀行所定の変動金利が適用されます。
返済は毎月元金均等分割返済ですが、介護ビジネスプランと健康経営プランの運転資金を利用の場合は期日一括返済・分割返済になります。

 

担保や保証人は銀行が定めた条件に従う必要があります。

 

じゅうろくドクターズファンド

 

3つ目は医師が対象の商品です。利用条件は4つあり、新規開業を予定している方、医師免除を取得して満6年が経過している方、申し込み時の年齢が満30歳以上55歳以下であること、そして岐阜県、愛知県、三重県内で経営をする方となります。

 

融資金額は6千万円から2億円です。融資期間は戸建ての場合20年以内でテナント開業なら15年以内と違いがあります。

 

返済方法は1ヶ月毎の元金均等返済で、利率は銀行所定の変動金利です。
担保は戸建て開業なら必要で、テナント開業なら不要です。
保証人は不要ですが、団体信用生命保険に加入することが要求されます。

 

じゅうろく創業応援ローン『チャレンジサポート』(単独口)

 

4つ目は岐阜県、愛知県、三重県に本社(本拠)があり、新規事業を予定している、または事業を開始して税務申告を2期終わっていない法人、個人事業主の方が対象となるローンです。

 

融資額は300万円以内と少額なことも特徴で、融資期間は1年から7年以内になります。
金利は銀行所定の変動金利で返済方法は1ヶ月毎の元金均等返済です。
担保や保証人は銀行との相談になります。

 

注意点としてはこの商品の取り扱いが平成29年3月31日となっているので早めに相談されることをおすすめします。

 

じゅうろく創業応援ローン『チャレンジサポート』(協調口)

 

5つ目は株式会社日本政策金融公庫との協調融資商品です。
この商品に利用できる方は新たな事業を開始する予定法人又は個人事業主の方です。
このローンはお客さんが十六銀行の営業部に新規事業やそれに必要な資金の申し込みを行います。事業に関する計画や必要な書類を提出を銀行に求められて、その後公庫と銀行が融資ができるかどうかを審査する仕組みとなっています。

 

利用条件は岐阜県、愛知県、三重県に本社(本拠)があり公庫と十六銀行が定めている要件を満たすことができる方になります。

 

融資金額は1000万円以内で融資期間は1年から7年以内です。金利は銀行所定の変動金利です。
返済方法は1ヶ月毎の元金均等返済です。保証人や担保は相談の上決定されます。

 

この商品は公庫との協調融資のため、利用条件は一般的なローンに比べると細いです。またこのローンの取り扱いは平成29年3月31日までとなっているため早めに申し込みすることをおすすめします。